福岡の会社設立お任せ下さい

株式会社設立手続の手順

1.設立基本事項の決定・印鑑証明書の準備
  • 商号・会社目的・本店所在地・出資額・取締役就任者・決算期など、設立に必要な基本事項を決定。
  • 発起人(出資者)、取締役就任者の印鑑証明書を準備しておきます。
矢印
2. 商号調査、目的適否の調査

福岡法務局
福岡法務局

管轄の法務局での事前調査です。

  • 同一商号調査
    同一所在地及び近隣に同一の商号の会社が存在しないか調査。
    福岡法務局の端末にて調査できます。
  • 目的判定
    決定した会社目的が、登記要件に適しているか、法務局にて判定を受けます。(必ずしも必要な調査ではありませんが、特殊な目的や表記方法の場合、念のため登記可能かどうか、事前確認しておく方が安全です
矢印
3. 会社印鑑の発注

会社印鑑

商号に問題が無いことを確認した後、会社の印鑑を発注・作成します。

とりあえず実印とする印鑑があれば、設立手続上は問題ありませんが、3点セットなどで作成しておくと、後に便利です。

矢印
4. 定款作成、公証役場での認証手続

公証役場
福岡公証役場

  • 会社設立・運営の基本規定となる定款を作成。
  • 公証役場にて公証人の認証を受けます。

※認証手続に入る前に、事前に定款の内容につき公証人にチェックを受けておくとスムースです。

矢印
5.出資金の払込み手続

通帳

  • 発起人代表の個人の銀行口座に、発起人 全員が各々出資金を入金して下さい。
  • 振込み記帳部分及び口座名義人表示部分のコピーをとって下さい。
矢印
6. 設立登記申請

福岡法務局
福岡法務局

  • 申請書類を整え、法務局に申請します。
  • 法務局に申請した日が、会社の成立日となります。
  • 申請は、郵送でも行うことができます。(書留利用)
  • 土、日、祝など、法務局休業日は申請できません。(設立日とできません。)
矢印
7. 設立完了、履歴事項証明書等の取得

履歴事項証明書

法務局指定の設立登記完了日に、法務局にて以下の書類を取得。これで設立完了です。

  • 履歴事項全部証明書(会社登記簿謄本のことです。)
  • 印鑑カード(会社の印鑑証明書を取るとき必要となります。)
  • 会社の印鑑証明書

このページの先頭へ